フィギュア原型の実物を三次元計測 形状データから三次元CADデータを作成します。

三次元計測3次元CAD

フィギュア原型の実物を三次元計測計測データからCAD作成

 

 フィギュアについて

 ●フィギュアーの起源は、「はにわ」と言われています。

 ●英語圏では、人の形を模したものを、フィギュアーと呼ばれている。

 ●模型用語では、鉄道模型などので使用する人形を指している。

 ●ポリエステルパテ、無発泡ポリウレタン樹脂、石粉粘土、焼成粘土、繊維強化プラスチックなどで製作。

 ●自販機フィギュア スーパーなどの店頭に設置された自動販売機で販売している、カプセルに封入した玩具。

 ●食玩フィギュア 食品付き玩具、人形、動物、家具、食器、ミニチュア、鉄道模型などの玩具がある。

 ●メタルフィギュア 加工しやすい柔らかな合金、ピューター、ホワイトメタルなどで作られている。メタルキャストによる複製が容易です。

 ●ソフトビニール人形 ポリ塩化ビニルを型抜きし、中空成型したパーツを組み立てて作成。軟質素材なのでソフトビニールと呼ばれる。

 ●ドール  植毛している、可動部を持っている、衣装の着せ替えができるなどの特徴を持つ、アクションフィギュアをドールと呼ばれている。

 

  フィギュア原型   原型パーツ   ポリエステル・パテ  シリコーンゴム型   可動部品     可動部品       フィギュア

     

 

 フィギュア原型におけるリバースエンジニアリングの利用

 フィギュア原型を、リバースエンジニアリングでCAD化することで、造形機での造形、NC加工機での型製作などができます。

 手作りの原型をデジタル化することで、データベースとして保存できます。CAD共通フォ-マットの、IGES、パラソリッドでデータ出力します。

 

 フィギュア原型の実物形状からリバースモデル作成

 ①フィギュア原型の実物形状を三次元計測します。 

 ②フィギュア原型の実物形状データからポイントデータを採取、計測データの点群を最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズムの効率的手順を利用し、正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 フィギュア原型 ⇒ 非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成 ⇒ リバースモデル作成  

 


 <前のページへ戻る>