湯たんぽのj実物を三次元計測 形状データから三次元CADデータを作成します。

三次元計測3次元CAD

湯たんぽの実物を三次元計測計測データからCAD作成

 

 湯たんぽについて

 ●容器に湯を入れて暖を取る、暖房器具の一つ。

 ●湯湯婆(湯たんぽ)は唐音読み。妻や母親の温かい体温を感じながら寝るようにと付いた呼称と言われています。

 ●亜鉛鉄板製、ポリエチレン樹脂製、陶器製、銅製、天然ゴム製などがあります。

                                    

  亜鉛鉄板  ⇒    プレス  ⇒ 金属製湯たんぽ    ポリエチレン樹脂 ⇒ 押出し ⇒ ブロワー成形 ⇒ ポリ製湯たんぽ

  

 

 湯たんぽのリバースエンジニアリングの利用

 昔からある湯たんぽの型はほとんど手づくりが多いです。最近の省エネブームで、増産の金型を製作する場合、図面や倣い型などの

 データがない場合、現物からCADデータを作成できます。CAD化することで、NC加工機での型製作ができます。

 

 湯たんぽの現物形状からリバースモデル作成

 ①湯たんぽの実物形状を三次元計測します。 

 ②湯たんぽの実物形状データからポイントデータを採取、計測データの点群を最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズムの効率的手順を利用し、正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

 湯たんぽの実物非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成 リバースモデル作成  

 


 <前のページへ戻る>