レプリカの実物を三次元計測 形状データから三次元CADデータを作成します。

三次元計測3次元CAD

レプリカの実物を三次元計測計測データからCAD作成

 

 レプリカについて

 ●レプリカの定義は、製作者自身によって作られたオリジナルの複製品をいいます。

 ●レプリカは、おもに博物館、資料館などの歴史的な目的の展示用としてつくられている。

 ●貴重な資料が照明等での劣化防ぐために、レプリカ使用により、長期にわたって展示物が可能になる。

 ●レプリカを作ることにより、現品を占有する必要がなくなる。

 ●プリカ」によって資料を増やし、学術的に貴重な資料を多くの人々の目に触れさせることができる。

                                   

  アンモナイトレプリカ    恐竜レプリカ     骨格レプリカ  古代勾玉レプリカ   土器レプリカ     古銭レプリカ    宇宙船レプリカ

 

 

 レプリカのリバースエンジニアリングの利用

 一般的にレプリカを作成するには、

 シリコン樹脂を塗布外側を石膏でかためるエポキシ樹脂などのレプリカの原料となる樹脂を流し込む型から外し成形する

 レプリカの製作段階において、現物を破損する危険性もあります。そのため形状データ採集は、非接触式の三次元計測方式が適しています。

 現物をデジタル化することで、CAD/CAMでの型製作、及び3D画像の取り込みも可能になります。

 

 レプリカの実物形状からリバースモデル作成

 ①レプリカの実物形状を三次元計測します。 

 ②レプリカの実物形状データからポイントデータを採取、計測データの点群を最適化します。

 ③複数の方向から三次元計測した、点群データを独自のアルゴリズムの効率的手順を利用し、正確に位置合わせします。

 ③ポイントデータの点群データを、三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴンデータを合成して最適な三次元データにします。

 ④ポリゴンデータの断面を円弧や直線などの幾何線におきかえます。抽出した断面ラインを利用してCADモデリングします。

 ⑤リバースモデリングの専用ソフトウェア-にて、三次元計測からリバースエンジニアリングのCADモデルを作成します。

 

  レプリカの実物 ⇒ 非接触3次元計測・接触式3次元計測 点群 ポリゴンデータ 3D合成    リバースモデル作成  

 


 <前のページへ戻る>