三次元計測データからCADサーフェスモデルを作成します。

三次元計測リバースモデルのサーフェスデータ

実物形状を三次元計測計測データからサーフェスモデル作成

 

 リバースサーフェスモデル

 ●面張りソフトウエアのラピットフォムXOの面作成機能で3次元のモデリングします。

 ●サーフェス機能でフィレット 円弧、平面、側面等は3次元の数値入力します。

 ●複雑で精密な形状は3次元サーフェスモデルが適しています。

 ●再現精度10μ~50μ(形状、サイズ等の諸条件により変わります)

 ●3DCADサーフェスモデルは、連続で曲面全体を、はりぼてのように、かたちを表現します。

 

 三次元計測からリバースサーフェスモデル作成のプロセス

 ①3次元計測で立体の物体を計測(光学式を使用)

 ②3次元計測データからポイントデータの点群を採集

 ③3次元計測データからポリゴンデータを作成(三角パッチ面)

 ④ポリゴン面からサーフェス面を作成(四角パッチ面)

 ⑤サーフェスモデルデータ形式のCADデータ出力 IGES形式

 ⑥パラソリットモデルデータ形式出力 Parasolid(x_t) (x_b) SolidWorks(prt sldprt)

                                 

  ①3次元計測     ②点群データ    ③ポリゴン面    ④サーフェス面    ⑤IGES形式   ⑥パラソリッド形式