三次元計測データからCADソリッドモデルを作成します。

三次元計測リバースモデルのソリッドデータ

実物形状を三次元計測計測データからソリッドモデル作成

 

 リバースソリッドモデル

 ●面張りソフトウエアのラピットフォムXOのフィチャー機能で3次元CADモデリング

 ●フィレット 円弧、平面、側面等はスキャンデータの3次元計測の平均値で作成。

 ●3次元計測データから領域のフィ-チャを抽出して曲率面を作成。

 ●3次元計測データから面を密封して3次元CADのソリッドを作成します。

 ●形状により分割計測とCADデータを作成、完成後 3次元の1個の固体にします。

 ●再現精度10μ~50μ(形状、サイズ等の諸条件により変わります)

 ●ソリッドモデルデータ形式 Parasolid(x_t) (x_b) SolidWorks(prt sldprt)

 フィーチャーとは、平面、円柱、円錐、球などの、ソリッドモデリングの基本形状のCAD面のことです。

 3次元計測データをフィーチャー機能でモデリングすると幾な何図形とフィレットや面取りなどの加工仕様とを再生させることができます。 

 

 ソリッドモデルは、 完全な立体の表現モデルのため、隠線消去表示や、面を塗ることができます。

 中身が詰まっているため、和・差・積の集合演算を行うことや、かたちどうしの干渉の判定なども行えます。

 

 三次元計測からリバースソリッドモデル作成のプロセス

 ①3次元計測で立体の物体を計測(光学式を使用)

 ②3次元計測データからポイントデータの点群を採集

 ③3次元計測データからポリゴンデータを作成(三角パッチ面)

 ④ポリゴン面から特徴線、特徴面などを抽出します。

 ⑤フィーチャー機能でモデリングでCAD面を作成。

 ⑥パラソリットモデルデータ形式出力 Parasolid(x_t) (x_b) SolidWorks(prt sldprt)

                                 

  ①3次元計測     ②点群データ    ③ポリゴン面    ④フィーチャー     ⑤ソリッド     ⑥パラソリッド形式