リバースエンジニアリングで作成する面データは、ソフトウェアーでの自動面張りと、フィチャー機能等を利用したモデリング方式があります。

三次元計測自動面の生成

自動面は計測した制御点で生成、制御点の多い面構成になります

 

 自動面の生成

 ●実物を測定して得られたポリゴンデータから、自動的にNURBS面を生成。 

 ●NURBS サーフェスは、ベジェ曲線またはスプラインに基づいています。

 ●3次元スキャナのネイティブ点群フォーマットに対してダイレクトインタフ ェースで正確にデータを最適化し、面を生成します。 

 ●CAE[FEM]やアセンブリ解析のためのNURBS曲面データの生成。

 ●現物モデル 3次元計測 点群ポリゴンデータ データを最適化自動的にNURBS面を生成

 

  計測されたデータは、座標点集合体の点群データです。

 

 点群の余剰点、ごみ等を削除して、3点を結びポリゴン面作成します。 

 

 点群の4点を結びサーフェス作成します。コンピュータで計算させて自動面を生成します。

 

 

 自動面の特徴、NURBSサーフェスの細かい面で構成されています。計測データに忠実に生成するため解析用データに適しています。

 

 ●NURBS サーフェスまたは曲線の定義には、次数、フィット点、制御点、重み、ノット パラメータなどの設定します。

 ●リバースエンジニアリングは、スキャンデータをベースにCAD化したり加工データを作成したりできるNURBS 曲面を生成することを言います。

 

 

    製品   ⇒三次元計測(カメラ式・X線式・接触式)⇒  点群   ⇒ ポリゴンデータ ⇒ リバスモデルCADデータ作成