プローグの接触で計測する接触式三次元計測

三次元計測接触式三次元計測

現物や実物の形状を接触式三次元計測でデジタル化

接触式計測

 

接触式計測の原理

■プローグの連続移動で接触しながら計測

■連続した三次元のポイントデータを採集

■自由曲線を多用した任意形状の数値化

■計測精度20μ~50μ(連続接触式)

■レニショー製のスキャニングシステム使用

 

 

接触式計測と非接触式のデータ融合

■非接触式、接触式、ワークの状態で判断

■非接触式データ、接触式データの合成

■点群データと点群データの同位置座標

■ポリゴン面とポリゴンの面同一形状合成

■サーフェス面とサーフェス面の合成・etc

 

接触式計測

■細かい模様データ採集(最小2㎜位迄)

■繊細な模様データ採集((最小2㎜位迄)

■凹凸の模様データ採集(深さ0.5以上)

■ワイヤーカット等の外周ライン取得可能

■機械要素の機構部品の計測 

 

接触式 基準点設定 プローグ ピッチ 連続接触 点群 ポリゴン 合成 融合 モデリング

 

 

      <前のページにもどります>