立体物の形状を三次元的に計測する三次元計測

三次元計測計測

物体の形態、特徴を数量化して、立体形状を把握する技術

三次元計測

3次元計測は、立体的に縦、横、高さを同時に計測することです。

定規でを計るのは一次元計測、投影検査機計るのは、二次元計測といわれています。

3次元計測データから領域のフィ-チャを抽出して曲率面を作成。

3次元CADの目的で計測するには全体の形状が必要のため連続的に計測する必要があります。

光学式の非接触計測で製品モデルの形状データを取得します。計測制度は50ミクロン前後になります。

3次元計測は、複数のレーザースリット光を一度に照射し、それぞれを三角測量の原理で計測します。

複数のコード化パターンを時系列的に投影することで、空間をコード化して3次元形状を取得できます。

計測データから、3DのCAD化するには専用ソフトウェアと高度のノウハウが必要です。

デザイナーによる初期の模型の立体スキャンやモックアップに主に利用されています。

 

ステレオ法計測 (キャリブレート)

2台のカメラで撮影した座標点を求め三角測量原理で距離を計算する方法。工業分野で利用されています。

 

タイムオブフライト計測

レーザや超音波を非測定物に対して照射し、反射が帰ってくるまでの時間を計測する方法。建築分野で利用されています。