リバースエンジニアリングCADモデルは、自動面張り方法と、フィーチャーモデリング機能でモデリングする方法があります。

三次元計測計測

三次元計測データからパラメータ化されたCADモデルを作成

 

 

三次元計測とCADモデリング

三次元計測設備を利用して物体表面の三次元座標を点群データで取得。

現物と3次元CADへ橋渡しをします。このときの精度は10μから50μ範囲になります。

点群からポリゴンを作成、ポリゴンは小さい多角形の集まりで形状を表現、面の構成は三角形を 用いります。

ポリゴンデータから曲面モデルを作成、曲面パッチを張り合わせて生成します。

生成した曲面上に、従来からのCADモデリング方式を駆使してCADの製品モデルデータを作成します。

CADモデリングにはオペレータのノウハウが充分に反映します。

 

サーフェスモデリング・・・微妙で繊細な曲面表現が要求される意匠部分の設計に向いています。複数の開口部

から指定した肉厚でくり貫くことができます。