CO2 削減をめざして、自動車の軽量化の中で、金属から樹脂に変える研究が進んでいます。

三次元計測計測

軽量化は自動車部品メーカーの技術進歩で進展しています。

 

金属材部品からプラスチック材部品に転換

自動車部品等は材質の見直しで軽量化を進んでいます。

自動車への樹脂部品の適用は、内装部品やボディ外板への採用も行われています。

プラスチック材の成形は図面どうり製作しても変形がおきるなどの問題が発生します。

成形した現物品をそのままCAD化して解析する必要があります。

現物をCAD化し、コンピュータに取り込み解析したデータは金型の修正等にフィードバックできます。

 

 地球温暖化防止のため先進国に温室効果ガス の排出削減を義務づけた京都議定書から自動車部品の

 軽量化が進んでいます。鉄からアルミニウム、鉄からプラスチックなど素材から見直しされています。

 新しい樹脂材料の開発も進んでいます、フロントおよびリアバンパーに採用されています。

 

車両の軽量化を実現する自動車部品用の樹脂材料を開発され部品をより薄肉で製造できるため、

材料使用量の大幅な削減が可能となり、フロントおよびリアバンパーが軽量化できます。