密封した内側の形状をX線CT三次元計測

三次元計測CT三次元計測

X線CT三次元計測とリバースエンジニアリング

 

物体をさまざまな方向からX線CTでスキャニングしてスキャンデ

ータから物体の内部構造の形状を得ることができます

 

X線が物質に入射すると、さまざまな原因により吸収されながら

通過していきます。CTスキャン装置は、X線の吸収される性質を

利用して、物体をしらべることができます。

 

検査対象を試料テーブルの上に、置きX線を照射しながらテーブル回転させ360度分の透視形状データを採取。

 

X 線CT システムによる、非接触・非破壊内部形状データ取得

材料や製品を切断するなどの前処理なしで可能。

 

 

X線CTスキャンの出力

225kV出力 CT装置システム 
スキャン範囲・・・プラスチック、ゴム、樹脂類 250㎜×250㎜  

スキャン範囲・・・アルミニウム等軽金属  φ120㎜以下

スキャン範囲・・・鋳造品、鋳鉄、スチールφ10㎜~20㎜以下

スキャン精度・・・20μm (0.02) CADモデリング50μ前後

 

 

450kV出力 CT装置システム
スキャン範囲・・・プラスチック、ゴム、樹脂類  450㎜×800

スキャン範囲・・・アルミニウム等軽金属  φ200㎜以下

スキャン範囲・・・鋳造品、鋳鉄、スチール φ40㎜~50㎜以下

スキャン精度・・・20μm (0.02) CADモデリング50μ前後

 

 

600kV出力 CT装置 (非破壊にて内部の形状データ採取)
スキャン範囲・・・プラスチック、ゴム、樹脂類  300㎜×300㎜

スキャン範囲・・・アルミニウム等軽金属   φ200㎜以下

スキャン範囲・・・鋳造品、鋳鉄、スチール   φ200以下

スキャン精度・・・20μm (0.02) CADモデリング50μ前後

対象物の素材・サイズ・用途に応じてX線CT装置を選択します。

 

鋳物鋳巣や溶融金属中に発生したガスによって、凝固後の溶接金属

部に 生じたブローホール及び 芋虫状に 表面形状まで穴のあいた

ピットポロシティなど空洞の確認。内部の壁厚の分布解析。組立部品

の内部組立状態の確認検査。破損/欠落などの内部欠陥検査などの成型品を破壊することなく、検査ができます。

 

透明なペットボトル、複雑に入り組んだモデルの内側形状をCTスキャンして、3D-CADデータの作成ができます。小さく複雑なワークの

内側の寸法計測。標準幾何形状、直線、円、平面、円筒、円錐等の寸法。ISO-1101位置。形状評価対応。2次元カーブ形状、3次元曲面評

価も可能です。リバースエンジニアリングシステムをご利用ください。

 

 

    現物           X線CTスキャニング

     

 

 

   点群データ ⇒ ポリゴンデータ ⇒CADモデリング

       

 

 

1、現物をCTスキャニングにて、外形状、中形状のデータ採取

2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します

 

3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集

 

4、ポリゴンデータからブーリアン演算で作成編集します。

 

5、3D-CAD出力データ形式 IGES X_B  X_T  STEP STL

 

 

密封された内側、外側の形状、透明なワーク、入り組んだ製品

繊細な製品などのリバースエンジニアリングご利用ください。